極性のないLEDの点灯回路を考えましたので記載します。



 DIYの電子工作に戻る

 

極性のないLEDの点灯回路

 LEDはプラス・マイナス(アノード・カソード)の極性がありますが、
 自動車のルームランプなどで使う場合は極性があると困ってしまいます。
 
 この様な場合、一度付けてみて点灯しなければ反転させる、
 といった対応で済ませてしまうと思うのですが、極性を無くせるならない方がよいですよね。

 以下に、これ実現するための回路を記載します。どちらに電源を繋いでも点灯するはずです。
 ファイル 116-1.png
 ちなみにVCCは14.7v以下を想定しています。PWM等にも耐えられると思います。

 

回路の動作

 回路図の上がVCCで下がGNDだった場合、電流は以下のように流れると思います。
 ファイル 116-2.png

 
 上がGNDで下がVCCだった場合、電流は以下のように流れると思います。
 ファイル 116-3.png

 

お願い

 この回路はすごく悩んで考えたのですが、動作に不安が残ります。
 またダイオードが2個入っていますので、0.6v x 2 = 1.2v程度の電圧降下が発生します。

 この回路について疑問や問題を発見された場合、すみませんがご連絡頂きたくおもいます。
 現在、知人のルームランプ(PWM制御)で点灯試験してもらっています。
 

 DIYの電子工作に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「電流の標準単位をカタカナ4文字で入力してください」