AHR20WエスティマハイブリッドのバックランプをHID化しました。
HID化作業に関する記事その(2)です。
 ファイル 139-6.jpg

 

今回の作業

 バックランプのHID化(1)の続きの作業です。

 

作業内容

 以下に作業内容を記載します。

 1.配線をまとめる
   HIDの各種配線をまとめておきます。
   配線は中に収納するので、写真の赤枠のコネクタを抜いておきます。
   コネクタを抜かないとHIDユニットが大きすぎて入りません。
   ファイル 139-1.jpg

 
 2.HIDユニットを押し込んで固定
   HIDユニットを押し込んで、配線をまとめます。
   写真の赤枠あたりに押し込めるスペースがあります。
   そのスペースにうまく押し込まないと、ユニットがブラブラしてしまいます。
   ファイル 139-2.jpg ファイル 139-3.jpg

 
 3.またしても事件発生!ソケット破損!
   HIDユニットを押し込んでいるうちに、バックランプソケットに挿した電源が壊れました。
   写真のように、先っちょのピンが抜けてしまったようです。なんてチャチな。。
   ファイル 139-4.jpg

 
 4.仕方ないのでエレクトロタップでなんとかする
   差込口は修理しようがないので、仕方なくぶった切りました。
   そして写真のようにエレクトロタップで繋ぎなおしました。
   LeAPSさんにはもう少し丈夫に作ってほしい私が乱暴に扱ったせいです。
   ファイル 139-5.jpg

 
 5.元に戻して作業完了
   元に戻したら終わり!

 

HID化の効果は。。?

 HID化した効果は以下の写真を見比べてください。
 左がHID化前(純正の状態)、右がHID化後です。
 ファイル 139-6.jpg
 まあ、確かに明るくなったことはわかります。実際に見やすくはなっています。

 !但しこれはギアをバックに入れてから90秒後の写真です!
 何が言いたいかというと HIDが安定するまで時間がかかりすぎます!!

 バックに入れて30秒くらいはあまり明るくありません。
 使い勝手としていいかどうかはアナタ次第。。。

 
 微妙な結果でしたが、以上で終わり!!

次回の作業

 作業はこれで終わりです。
 前回を読む 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「電流の標準単位をカタカナ4文字で入力してください」