AHR20Wエスティマハイブリッドのルームランプ修理に関する記事(2)です。
LED化済みのルームランプが切れてしまったので修理しました。
ファイル 157-7.jpg

 

今回の作業

 前回の作業の続きです。
 前回は不点灯箇所の特定まで行いました(黒くマークされてるところ)。
 ファイル 157-1.jpg

 今回は不点灯LEDの交換と不具合箇所の調査を行います。

 

作業内容

 1.不点灯LED取外し
   まずはLEDを引き剥がします。
   4か所しっかり半田付けされているので、
   高温の半田ごてと半田吸い取り線で取り除きます。
   ファイル 157-2.jpg ファイル 157-3.jpg

   
 2.新品LEDと交換
   取り外した部分を手持ちのLEDと交換します。
   ほんのちょっとだけ色味が違うけど。。。まあいいか。
   元々のやつはピュアホワイトって感じで、交換したやつは蒼白ってかんじです。
   ※写真は実際の色味に近いように調整しています。
   ファイル 157-4.jpg

   
 3.不具合箇所判明&修正
   回路を見ていたら不具合箇所が判明しました。
   まあよくあるやつで、逆起電力に耐えられない設計です。
   修正として電源ラインにショットキバリヤダイオードを追加しました。
   尚、この修正によって電源の逆接続ができなくなります。
   今までは逆接続しても点灯しないだけでしたが、今度はヒューズが飛びます。
   ファイル 157-5.jpg
   ちなみに○フオクと楽○でLEDルームランプを検索してみましたが、
   そのほとんどが逆起電力に耐えられない設計でした。
   車によってはすぐ点滅しだすんだろうなぁと思います。
   あれらを買う場合は修正前提で購入しましょう、安いのでそれでも元は取れます。
   逆起電力とか点灯回路については こちら を参考にしてください。

   
 4.電源の極性調査&取付け
   修正によって逆接続ができなくなったので、
   ランプの極性をテスターで調べてから取付けます。
   間違うとヒューズ飛びますから慎重に。。
   ファイル 157-6.jpg

   
 5.点灯テスト
   点灯OKでした。
   交換LEDの色味の違いも全く識別できません。
   これでもう一生取外すことはないでしょう。
   ファイル 157-7.jpg ファイル 157-8.jpg
 
 

  以上で終わり!!
  
 
  ・・・と思ったら、1年越しで 次回 へ続くことに・・・
 

次回の作業

 次回は次のテージへ突入します・・・
 前回を読む 次回を読む 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」