エスティマハイブリッドにベースキャリアを取付けました。この記事はエスティマACR50/GSR50/AHR20Wで共通です。 尚、取付けたのはルーフオンタイプ(取付部分が無いクルマ用)です。

 

今回の作業

エスティマハイブリッドにベースキャリアを取付けました。 取付けたのは以下、PIAAのTERZO(テルッツオ)のベースキャリアとTHULE(スーリー)のルーフバーのニコイチです。

  • THULE(スーリー) 115cmルーフバー(絶版)

TERZO(テルッツオ)の取付けホルダーセットというのは、ベースキャリアの足と窓枠取付けキット(車種別)がセットになったもので、 何を取り付けるにしても必ず必要なものです。

そしてルーフバーはベースキャリアに挿すもので、ベースキャリアとルーフバーさえ取り付けてしまえば、 その上にルーフボックスやルーフキャリアなどを設置することができます。これらの用語に関しては [コチラ] に詳しく書いてありました(ありがたい)。

 

◆2015/11/12 追記◆
この記事はTHULEルーフバーを使う前提で書いていますが、ルーフバーを新規で購入する方は を購入すれば間違いないです。TERZOの推奨組合せ品です。

 

 

別メーカーの組合せ

さて、今回取り付けるルーフバーとベースキャリア(取付けキット)が別のブランドですが、別メーカーの組合せで問題になるのは主に ルーフバーの太さ です。ルーフバーがベースキャリアに刺さるかどうかが問題になります。

メーカー違いの組合せに関しては色々調べたので、わかった事を以下に記載します。また、[コチラ] にも詳しく書いてあったので参考にさせていただいています。

 

INNOとTHULEの組合せ

INNO(イノー)とTHULE(スーリー)の組合せに関しては足/バーの相互組合せとも一応大丈夫のようです。 但しTHULEのスクエアバータイプのものは組合せNGのようです。スクエアバーはTHULE製品専用です。

 

TERZOの足とTHULE/INNOのバーの組合せ

TERZOの足とTHULE/INNOのバーの組合せに関してですが、THULE/INNOのバーがTERZOの足より太くてダメっぽいです。 但しTERZOの足にバーを叩いてねじ込めばなんとかなります。今回取付けたTHULEバー+TERZO足の場合もそうでした。かなりギリギリなので一般的にはNGと思ったほうがいいです。

 

TERZOのバーとTHULE/INNOの足の組合せ

TERZOのバーとTHULE/INNOの足の組合せ(逆パターン)は、ガバガバですがTERZOの足は締め上げ可能なので丈夫なようです。

 

 

エスティマ(ACR50/GSR50/AHR20W)のルーフバーの選択

まず前提として、今回の記事で取り上げているエスティマは 頭がツルツル のタイプ(ルーフレールがついていないタイプ)です。 このエスティマに取り付ける推奨ルーフバーは のようです。

但し、エスティマに127cmのルーフバーを取付けると、ルーフバーが ベースキャリアの外側に6センチ以上もはみ出し てしまいます。 これはなかなかのカッコ悪い感じです。

エスティマに取り付けるなら バーサイズは118~120cmくらいが一番カッコ良い とおもいます。そして安全な取付範囲ではあるとおもいます。 もし新しく購入するなら、推奨サイズより少し短いやつがいいとおもいます。

尚、私が今回取付けたのは115cmですので、長さ的にはギリギリです。いや、どちらかというとアウトです。真似してはいけません。

 

 

作業内容

以下に TERZO(テルッツオ)の取付けホルダーセット と、THULEのルーフバーの取付け作業について記載します。

 

1.足のセッティング

とりあえずTERZOの を購入しました。 箱を開けると中から足(PCの場合は真ん中の写真。スマホの場合は2番目の写真)が出てくるので、これに付属のゴムを付けます(PCの場合は右の写真。スマホの場合は3番目の写真)。

 

2.ルーフバー通し

続いてTHULEのルーフバーを足の穴にぶち込みます。 このためにルーフバーの先端キャップを外さないと狭くて通りません。というか キャップを外しても通りません

やっぱりTHULEのルーフバーとTERZOの取付けホルダーセットはサイズが合わないみたいです。。。仕方ないので無理やり叩いてやったらギリ通りました。

 

3.屋根に載せて仮合わせ

全ての足にバーを通したら、屋根に載せて仮合わせします。セッティング位置は以下写真を参考にしてください。写真撮りの都合上、以下写真は完成しちゃってますが気にせずに。。

 

4.足の窓枠への取付け

位置が決定したら窓枠のゴムのところに固定します。ここでは段ボールを挟んで下から叩くことで傷が付くのを防いでいます。

そして車両と足の間(写真の赤枠)に保護テープを張ります。これは足が車に当たって傷付かないようにするためです。

 

5.足の固定

取付ホルダーにボルトが2本あるので、写真の左から順に締め上げます。 2本目はセキュリティロック(盗難防止キャップ)を取付けるためのものです。

 

6.盗難防止キャップの取付け

盗難防止のキャップを上から被せます。これで完成です。東南防止の仕組みがかなりチャチな感じなので不安になります

 

以上で終わり!

 

 

この記事で使用しているもの

この記事で使用した製品は以下です。

 

後日、以下でルーフボックスとキャリアの取付けを行いました。
[THULE ルーフボックスの取付け]
[THULE スキーキャリアの取付け ]

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」