エンジンルームから運転席側への配線引き込み | てすとぺーじ v0.0.8

GX/JZX110マーク2のエンジンルームから、車内へ配線を引き込む方法を記述します。
ここで記述しているのは、ボンネットを開けて左側から、車内運転席側への引き込み方です。

助手席側への引き込み方は以下の記事を参照してください。
[配線作業]エンジンルームから助手席側への配線引き込み」

早速配線引き込み作業を開始します。
まずボンネットを開ると左側に写真のオレンジで囲ったユニットがいます。
こいつの裏から車内に配線を引き込みます。
ファイル 21-1.jpg

上記写真のユニットが邪魔で、手が小さい人でないと作業困難です。
なので、ユニットにちょっとだけどいて貰います。
左右にボルトがあるのでちょっと緩めると多少上に引っ張れます。
引っ張るだけで十分で、外す必要はありません。
ファイル 21-2.jpg

ユニットの裏に写真のようなゴムパッキンの穴があるので、
真ん中にキレ目を入れて、そこから配線を引き込みます。
かなりやわらかい線でなければ、抵抗なくスルスル入るはずです。
ファイル 21-3.jpg

引き込んだ配線はアクセルペダルの上あたりから出てきます。
手を突っ込んでみればすぐわかるはずです。
ファイル 21-4.jpg

以上で引き込み作業終了です。

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」