合成皮革の靴の塗装(修理)を行いました。

 

今回の作業について

私はいつも会社用の靴を [ SFW ] というお店で買っています。ここはクソ安い割に品質がいいので数年間買い続けているのですが、今回初めて大失敗してしまいました。

いつも買っているのと違う色の靴を買ってしまったのです。。しかも二足も。

何も考えずに購入履歴からポチっただけなのが敗因です。。○天市場のUIがマジでクソなせいなんだよな・・。

まあ返品すりゃ済む話なのですが、結局のところ私が悪いだけなので、お店に迷惑をかけずに 自家塗装 することで解決してみることにしました。 尚、この内容は 靴が劣化したときに完全復活させる 目的でも使える内容です。

 

 

作業内容

以下に塗装手順を記載します。

1.塗装準備

染めQテクノロジィの [ クツ染めQ コーヒーブラウン ] ってのがあったので買ってみました。 尚、後から分かったことですが、今回の作業(赤茶系の靴をダークブラン系にする作業)ではクツ染めQが 約1.5本必要 でした。もし系統が全く違う色に染める場合は2本以上必要だと思います。

ついでに手がめっちゃ汚れるので、クソ安いビニール手袋をつけて、入り口を養生テープで留めておきます。 これで塗装準備はバッチリです。

 

 

2.塗装作業

いきなりですが塗装完了です!

やってみた感じ、このスプレーはかなり素人でも綺麗に仕上がるようになっているみたいです。 とはいえ、完全に初めての方はもう少し残念な仕上がりになると思います。一発目で写真のように綺麗に仕上がるとは思わないでください。

塗装のコツは、スプレーをクツから30cmくらい離すことと、全体的に振り掛けるようにして薄くまんべんなく塗って、乾いてから何回も塗装することです。

絶対にしてはならないことは、一回で厚塗りすることと、シュ、シュっと少しずつ塗ってしまうことです。これをやると残念な仕上がりになります。

 

 

3.全体を滲ませる

続いての作業は仕上がりを良くするだけなので、やらなくても良いです。 [ SOFT99のブラックマジック ] を使って全体をボカします。これは車のタイヤ用のコーティング剤なのですが、これを布で擦るようにして全体に滲ませることで、より本物の革っぽい雰囲気になります。また、塗装に失敗した場合の誤魔化しにも使えます。

尚、普通の靴クリームと違って 本当に黒くなります ので注意してください。 靴クリームの場合は色付きのものでも大して黒くなりません。

 

 

4.防水スプレーで保護

最後に防水スプレーを何度か重ね塗りして汚れを防止します。 写真はテカテカですが、乾けば塗装前と同じ色になります。

 

 

以上で終わり!

 

 

作業完了

以下から購入頂けると筆者のモチベーションが上がります!

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」