賃貸住宅の玄関ドアを復元可能な方法でオートロック電子錠にしてみましたので記載します。


今回の作業について

の続きで、セリュールプレミアの取り付けを行います。

 

 

作業内容

以下に作業内容を記載します。

 

本体の固定

六角レンチを使って本体を固定します。ネジ穴が想像以上にネジ止めしずらい構造なので心してかかってください。

 

ストライク部分の取付け

まず、ロックする棒の部分と戸当り枠の隙間が2mmしか空いていないので、 ストライク(ロックする棒を受ける枠)を取り付けることが出来ないことがわかりました。

しかしながら戸当り自体がストライクの役目を果たすので、ストライク自体不要そうです。 とはいっても戸当りに傷が付くのは嫌なので、アルミテープで保護しました。

そしてストライクは飾りとして、アルミテープの上から金属用接着剤で貼り付けました。

どうせストライクには力が加わらないのでこれで良いのです。 そして何より、アルミテープの上に接着してるだけで穴開けもなにもしてないので、いつでも元の状態に戻すことができます。

 

取付け完了

こんな感じになりました。説明書通りに暗証番号とFOBの登録をして終わりです。完璧に動作します。

尚、繰り返しになりますが、セリュールプレミアを 自分で取り付けると保証対象外 となりますので注意してください。とはいえ取り付け工賃(15,000円〜)を節約できるメリットは非常に大きいです。

 

 

ピロピロ鳴って止まらないときは・・

取り付け作業中、何かの拍子に「ピロピロ・・」と鳴り出して止まらなくなることがあります。 どうやらこれは 振動とかの異常を検出 した場合の警報のようです。

私は初期設定時にこの現象が発生してワタワタしてしまったので、警報を解除する方法を以下に記載しておきます。

  1. ドアを開けたままにしておく
  2. 室内ユニットのボタンでロックする
  3. 室外ユニットでロックを解除する(初期パスワードは 1234 )

尚、上記以外の方法では警報は止まりません。 リセットボタンを押そうが電池を抜こうが、復帰時にはまたピロピロ鳴り出す極悪仕様です。

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

購入したものと使用した道具

今回の作業で購入したものと使用した道具は以下です。

コメント

kaeru.

3ヶ月ほど使ってみての感想ですが、まじで便利すぎます。人生変わりました。近づくだけで開いてオートロックされるというのは凄く良いですね。以下に使用してみて気づいたことを書きます。

[気づいたこと1]
ドアをほとんど閉まった状態(3-5mmくらい開いてる状態)にすると、ロックしようとしてロックできず、エラー音が鳴り続けます。手動でロック解除してやれば直ります。知ってればすぐ対応できるので、問題ってほどではないです。

[気づいたこと2]
ドアを開けっ放しで放置すると、稀にロック機能が働くことがあります。(当然ドアは開いてるので本当にロックされるわけではない)。手動でロック解除してやれば直ります。問題ってほどではないです。

上記はどちらも中にいるときにしか起きない現象なので、締め出しを食らうような兆候は全くないです。まぁこれくらい許容範囲というか、後付けだしこんなもんで十分満足です。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」