紐スイッチ式のシーリングライトを赤外線リモコン化しました。

 

今回の作業について

我が家のシーリングライトは以下の写真のような紐スイッチ式の旧型シーリングライトなのですが、 安くリモコン化できないかといろいろ検討しました。

簡単にリモコン化するには以下のような商品(OHM:リモコンスイッチ OCR-04/OCR-04W)があるので、これを使えば済みます。 引掛シーリング部分に以下を挿入すればリモコンに早変わりです。

しかしこのリモコンスイッチをシーリングライトで使うには問題があって、 シーリングライト本体が大きすぎかつ天井との隙間がほとんどないため、 リモコン受光部が完全にシーリングライトに隠れてしまいます。

このため、そのまま使うと赤外線信号を受信できず、リモコンに反応してくれません。 仕方がないので、この商品をベースにしてリモコンが利くように改造したいと思います。

 

 

 

作業内容

以下に作業内容を記載します。

 

1.リモコンスイッチの分解

まずはリモコンスイッチ(OCR-04/OCR-04W)を分解してみました。 すると、すぐに赤外線受光部が露出しました。

 

 

2.赤外線受光部の取外し

続いて赤外線受光部を取り外します。半田ごてをあてて引っ張れば簡単に外れます。

 

 

3.赤外線受光部の延長(1)

適当な配線を使い、取り外した赤外線受光部に半田付けします。 私が使ったのは100均のオーディオケーブル(ステレオ)です。微弱信号しか扱わないのでなんのケーブルでも構いません。

 

 

4.赤外線受光部の延長(2)

先ほど半田付けした配線のもう片方を、元々赤外線受光部が付いていた部分に半田付けします。 これで赤外線受光部が延長できました。

 

 

5.電源のIN/OUT部分作成

続いてクイックロックを使って、電源(AC100V)の差込口を作ります。 尚、これは電気工事になるので電気工事士でなければNGです。(私は第一種電気工事士持ちです、念のため)

 

 

6.本体の絶縁

OCR-04本体を絶縁します(もともとあったカバーはもう使いません)。 私は面倒なので養生テープでぐるぐる巻きにした後にアルミテープで成形しました。

 

 

7.取付け

シーリングライトの電源部分に挿入します。 5で繋いだクイックロック部分を電源とシーリングライトに差すだけです。

 

 

8.リモコン受光部取付け

シーリングライトの紐が出ていた穴に、延長したリモコン受光部を刺します。 受光部はアルミテープで固定しました。

 

 

9.完成

シーリングライトを元に戻して完成です。いい感じです。

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

購入したものと使用した道具

今回の作業で購入したものと使用した道具は以下です。

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」