アイリスオーヤマの丸形LEDランプを使って、シーリングライトをスマートスピーカー(Amazon Echo)から制御できるようにしました。

 

私の家の照明は以下のようなもので、リモコンはありませんし、全点灯か全消灯しかできません。 しかも全点灯すると明るすぎるので、普段は蛍光灯を抜いて明るさを調整しています。かなり不便です。

いつかリモコンリレーを入れて個別制御してやろうと思っているのですが、照明自体がかなり重量があり、 改造のために天井から下すのも億劫で、全く着手できずにいました。

 

そんなある日、超お手軽に蛍光灯をリモコン化する製品を発見しました。 アイリスオーヤマの丸形LEDランプ(LDFCL3030)です。 蛍光灯を入れ替えるだけでリモコンになるという。しかも安い。

 

メーカーの説明(下の写真)から察するに、LEDランプに直接AC100Vを供給できればいいようです。 通常、蛍光灯の電源はインバータや昇圧回路を通したあとのものなので、 蛍光灯の付近までAC100Vの配線が来ているかどうか が問題です。

 

我が家の照明にAC100Vが来ているか確認しましたが、きていました。 取付けできそうです。 しかし、というか当然ながら、付属のコネクタとの形状は合いませんので加工は必要です。

 

なんだかいけそうなので、思い切って6本買っちゃいました。 次項で取付けについて記載します。

 

 

作業内容

以下に作業内容について記載します。

 

1.配線の分岐

[] を使って、既存の配線をLEDランプ用に分岐し、LEDランプを取付けます。 というか、これだけ。簡単すぎうける。

 

2.動作確認

リモコンをピッピして動作を確認。明るさは5段階です。動作良好です。

 

3.Amazon Echoと連携

[] 経由でリモコンを登録します。 Amazon Echoとの連携については を参照して下さい。

 

4.問題発覚

ここで問題発覚!
LEDランプの電源ボタンがトグル動作(ON→夜間照明→OFF→ON..)です。 そのため、スマートスピーカーから電源をON/OFFさせることができません。 正確には、できるけど、「消して」や「点けて」とお願いすることができません。 だってトグル動作だもん。。

 

 

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

購入したものと使用した道具

今回の作業で購入したものと使用した道具は以下です。

 

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」