埋め込んだフォントをActionScript内から使用する方法を記載します。
以下はCurlz MTというフォントを埋め込んで、ASから動的に配置したサンプルです。

Adobe Flash Player を取得


続きを読む

 

実行環境

ActionScript3.0 / Adobe Flash CS 5

 

サンプルプロジェクト

ここで使用するプロジェクトは以下からダウンロードできます。
サンプルプロジェクトのダウンロード

解凍すると以下の構成になっています。

    ./sample
       + user
       |  + spec
       |     + Main.as            ----> メインクラス(ドキュメントクラス)
       + implement_font.as3proj   ----> FlashDevelopプロジェクト
       + implement_font.fla       ----> Flash本体

 

フォントの埋め込み方(CS5)

 CS5におけるフォントの埋め込み方を簡単に記述します。

 1.メニューの [ウィンドウ(D)] の [ライブラリ(L)] からライブラリを開きます。
   開いたらライブラリ上で右クリックし、 [新しいフォント...] をクリックし、フォントの埋め込みウィンドウを開きます。
   ファイル 47-1.png

 2.[オプション] タブ内の項目で、フォントやスタイルを選択し、埋め込みたいフォントにチェックを入れます。
   このフォントに分かりやすいように名前をつけておくことができます(ピンク枠)。
   ここでは [ImplementFont] と名前をつけました。
   ファイル 47-3.png

 3.[ActionScript] タブ内の項目で、[ActionScript用に書き出し] にチェックを入れます(ピンク枠)。
   また、ActionScriptからアクセスできるように、クラス名をつけておきます(赤枠)。
   クラス名(赤枠)は、2でつけた名前が自動的に入ります。ここではこのままにしました。
   ファイル 47-2.png

 これでフォントの埋め込みができました。

 

埋め込んだフォントの使い方

 ここでは埋め込みフォントを使用したテキストフィールドを動的に生成するサンプルを記載します。
 コードの13行目が埋め込みフォントを使用している部分です。

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
package user.spec
{
    import flash.display.MovieClip;
    import flash.text.TextField;
    import flash.text.TextFormat;
    import flash.text.TextFieldAutoSize;
‌ 
    public class Main extends MovieClip 
    {
        public function Main():void 
        {           
            // ====== 埋め込みフォント(ImplementFontと命名した)のインスタンスを生成
            var myFont:ImplementFont = new ImplementFont;
‌ 
            // ====== テキストフィールドのインスタンスを生成
            var myTextField:TextField = new TextField();
‌ 
            // ====== 埋め込みフォントを使用する
            myTextField.embedFonts  = true;
‌ 
            // =======================================
            //  テキストフィールドのスタイルを設定
            // =======================================
            myTextField.defaultTextFormat = new TextFormat(
                    myFont.fontName, 350xFF0000falsefalsefalsenull );
            //      |                 |      |      |     |      |      +- URL
            //      |                 |      |      |     |      + --- アンダーライン有無
            //      |                 |      |      |     +  Italicにするかどうか
            //      |                 |      |      + - Boldにするかどうか
            //      |                 |      + --- フォント色(RGB)
            //      |                 +  フォントサイズ(pt)
            //      + --- フォント名
‌ 
            // =======================================
            //  テキストを設定し、中央寄せする
            // =======================================
            myTextField.text    = "test implement text";
            myTextField.autoSize= TextFieldAutoSize.CENTER;
‌ 
            // =======================================
            //  テキストフィールドの位置を指定してステージに追加
            // =======================================                  
            myTextField.x = 0;
            myTextField.y = 0;
            addChild(myTextField);
        }
    }
}
このコードは CodePublisher で生成しています

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「このサイト名をカタカナ六文字にして入力してください」