マイコンから電圧をコントロール(D/A変換)する方法について記載します。

この記事は書きかけです。

 勉強中の内容です。確実な部分から記載していきます。
 

PWM方式

 ここでいうPWM方式はマイコンから高速で一定レベルの信号をON/OFFし、
 そのON/OFF比率を変える(デューティー比を変える)事で、見かけ上の電圧を変更する方法です。
 この方式はいくつか制限がありますが、回路を大幅に省略することができます。

 この方法では、CRローパスフィルタによる方法と、オペアンプをつかった方法があるようです。(※検証中)

 以下のツールにより0-5vのA/D変換時の出力値を算出してみました。(※検証中)
 (サンプル)CRローパス・フィルタPWM計算ツール

 ◆ローパスフィルタによる方法
 ここで使用した回路は以下のような簡単なCRローパスフィルタ回路です(R=10k / C=0.1μF)
 この方法は簡単ですが、相手側(接続先)のインピーダンスが非常に高くなければなりません。
 例えばこの出力を使ってLEDなど点灯した場合、正確な値は取れません。
 ファイル 82-2.png

 10kHzのPWMモジュールに供給可能な周波数を10kHzとして、
 ツールでデューティー比1?99%の波形を生成してみました。
 ファイル 82-1.png

 

ラダー抵抗回路方式

 そのうちきっと書きます。。
  ラダー抵抗回路によるD/A変換の仕組み が参考になりました。

 

DAC ICを使用する

 そのうちきっと書きます。。
 DAコンバータを使用する方式です。
  12ビット2ch D/Aコンバータ MCP4922?E/P あたりを使用すればいんじゃないっすかね。

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「電流の標準単位をカタカナ4文字で入力してください」