レベライザスイッチの分解についての記事です。

 作業一覧に戻る

レベライザスイッチの分解作業

   以下がGX/JZX110用のレベライザスイッチです。
   HID搭載車のみにしか設定されていません。
   ファイル 102-1.jpg

 1.カバー取り外し
   まず細いマイナスドライバなどで、カバー部分のツメをはずします。
   案外簡単にスルっと外れます。
   ファイル 102-2.jpg

 2.本体の分解
   次に本体部分(プラスチック部分)を取り外します。
   左の写真でマイナスドライバーを突っ込んでる部分にツメがあります。
   ここにテコの要領で引っ掛けると外れますが、力を入れすぎると割れますので注意!!
   ファイル 102-3.jpg ファイル 102-4.jpg

 3.内部基盤の取り外し
   最後に基盤を取り外します。
   写真のようにテコ入れすると外れます。
   が、それ以外の部分に力を入れると壊れます!
   ファイル 102-5.jpg

 4.分解完了
   全て取り外せました。
   ファイル 102-6.jpg

 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」