Apple TV 2/3Gを車載する(3) | てすとぺーじ v0.0.8

AppleTV 2/3Gを車載するための記事(3)です。
Apple TVのHDMI出力をアナログコンポジットに変換しました。

 

今回の作業について

前回の作業 の続きです。 今回は Apple TV のHDMI出力をアナログコンポジットに変換しようと思います。

今回用意したものは以下です。
LKV381 HDMI to Composite/S-Video Converter
CASTRADE CEAV4S01DC オートAVセレクター
OKI-78SR 5V出力 DC-DCコンバータ

尚、AVオートセレクタを用意したのは、コンソール裏のVTR端子と共存させるためです。 このセレクタには切り替え優先度があるようなので、VTR端子に接続したときはそちらが映るようになるはずです。
 

また、コンポジット変換機が5v電源なのでDC/DCコンバータも用意しました。 このDC/DCコンはかなりハイスペックなので、このような用途で使うのはもったいなすぎます。 本来は3個150円の三端子レギュレータで十分だと思われます。

 

 

作業内容

以下に作業内容を記載します。

1.AVセレクタの謎のデバイス解析

AVセレクタに車載用の電源ケーブルが付属しており、そこに謎のデバイスが付着しています。 分解してみると LCフィルタ のようです。ありがたく使わせてもらいます。

 

 

2.HDMI→アナログコンバータの解析

コンバータは5v電源のようですが、怪しい中華製なので中身を解析してみました。 ・・が、特に不審な点はありませんでした。まあ大丈夫だと思います。

 

 

3.電源の作成

コンポジットコンバータの電源を作成します(DC/DCコンで12vを5vに変換します)。 ついでにAVセレクタについていたLCフィルタも使わせてもらい、 LCフィルタから分岐して12vと5vを取り出せるようにしました。
 

 

 

4.接続テスト

作成した電源をコンバータとAVセレクタに繋いで、電源ONしてみました。どうやらうまく動いたようです。コンバータが多少発熱しますね。まあ許容範囲ですが。

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

次回の作業

車両に取り付けます。

前回を読む 次回を読む 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」