リセットICを使用して電圧低下時にリレーを動かす回路を作成しました。

リセットICを用いた電圧低下検出回路

 
 リセットICを使用して電圧低下検出回路を作りました。
 使用したICは RENESAS M51957 です。
 ファイル 191-1.png
 この回路では検出電圧を 8.825v~12.613v 間で調整することができます。
 これは自動車のバッテリーをターゲットにした値です。

 また、この回路は 112ms のヒステリシスを持っています(電圧が安定するまで 112ms待つ)。
 具体的には以下の動作になります。

 1) 電圧が設定値より下がったら、即座にリレーがOFFする
 2) 電圧が設定値より上がったら、112ms間待つ
 3) 112ms経過後リレーがONする
 ※112ms以内に電圧が設定値より下がったら、カウントしなおし

 これはリセットICの仕様(以下)に基づいています。
 リセットICの仕様書は RENESASから入手 できます。
 ファイル 191-3.png

 
 回路の簡単な説明を以下の図中に記載します。
 これを参照すれば値をカスタマイズすることができると思います。
 ファイル 191-2.png

 ちなみに消費電流(14v時)は、抵抗=1mA以下 + リセットIC=20mA前後です。
 これが気になる場合、全ての抵抗値を相対的に上げることにより抑えられます。
 ただしあまりにも上げすぎると外部ノイズに弱くなるので、その辺のトレードオフが発生します。

 

 

 とりあえず今日はここまで。

 

 

 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「voltageの和訳を漢字二文字で入力してください」