ドアモニ[VL-SDM300]の改造と取付け(2) | てすとぺーじ v0.0.8

ドアモニ(VL-SDM300-P)を公式には取付け不可なドアに取付ける記事(2)です。
 

 

今回の作業について

 前回の作業 で、無加工ではドアモニが取り付けられないことがわかりました。
 今回はなんとかして取付けられるようにします。
 

 

 

作業内容

 以下に作業内容を記載します。

 1.サンドペーパーで削る

   サンドペーパーで全体的に1mmくらい削ります。
   ポリッシャーを使ったので一瞬でカタがつきました。
    
   やる気なら更に2mmは削れそうな雰囲気です。

 

 2.カメラ下部の補修(1)

   カメラ下部を保護しないでポリッシャーを使ったので、
   見事に傷だらけになってしまいました・・。仕方ないので磨きます。
   

 

 3.カメラ下部の補修(2)

   コンパウンドで丁寧に磨きます。それなりに元に戻りました。
   まったく無駄な作業です・・・。
    

 

 4.ドア取り付け

   ドアに取り付けます。超簡単なので詳細は省略します。
   削ったお陰でドアへの干渉は全くありません。いい感じです。
   
   ちなみに上にある汚いカメラは、前の自作モニターの残骸です。
   (屋外塗装業者にペンキを塗られました。あのクソ業者め。)

 

 

映像確認

 無事取り付けられたので映像を確認してみました。
 ボタンを押してから映像が出るまでの時間に注目してください。

標準モード
 

 

 

カメラ応答性優先モード
 

 

 

夜間の映像

 夜間で照明なしだとこんな感じです。何も見えません。
 

 

 外灯(830lmのLED電球)を点灯した場合はこんな感じです。十分です。
 
 尚、うちの外灯はセンサー付きなので照明無しはありえません。
 全く問題ないですね。いい感じです。

 

 以上おわり!

 

 

 

 前回を読む 作業一覧に戻る

 

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」