さくらレンタルサーバでamazon-ecsを動かす | てすとぺーじ v0.0.8

さくらインターネットのレンタルサーバ(スタンダードプラン)でAmazon WebサービスのRuby SDKを使えるようにしました。

今回の作業について

AWS(アマゾン ウェブ サービス)のAPIをRubyから呼び出すための amazon-ecs を、さくらインターネットのレンタルサーバ(スタンダードプラン)で利用できるようにしてみました。

尚、amazon-ecs で使われている nokogiri というXML/HTML/SAXパーサのインストールが鬼門で、このインストールのために1日無駄にしてしまったので、同じような方のためにインストール方法を手順化しておきます。

 

インストール手順

1)Rubyのインストール

さくらのレンタルサーバのRubyが古くて amazon-ecs が動かないため、[さくらレンタルサーバに最新Rubyをインストールする] を参考に最新バージョンのRubyをインストールしておきます。

 

2) nokogiri のインストール

サーバにSSHでログインし、以下のコマンドで nokogiri をインストールします。

尚、2016/5/8 現在では nokogiri v1.6.7.2 がリリースされていますが、v1.6.7.2を使ってはダメ です。というか、v1.5.8でしかうまく動きません。 原因は さくらレンタルサーバ(FreeBSD)にインストールされているライブラリ(iconv, libxml2, libxslt)が古いためですが、私はこれで1日ハマりました。

[覚え書き]
将来的にさくらレンタルサーバの libxml2 が v2.6.21 以上になったら nokogiri v1.6.7.2 が動くようになるようです。 libxml2 のバージョンは以下のコマンドで確認できます。

 

3) amazon-ecs のインストール

SSHでログインし、以下のコマンドで amazon-ecs をインストールします。

[覚え書き]
私がインストールの成功を確認したのは 2016/5/8 現在で最新の v2.4.0 のみです。 他のバージョンは nokogiri の影響でインストールに失敗するかもしれません。

 

(番外編)nokogiriのインストール失敗例

以下のようなエラーが出たら、これはもうハマるパターンです。バージョンを私と同じものに変えてみることをお勧めします。

 

 

とりあえず今日はここまで。

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」