エアコン移植とオートスイング化についての連載記事(5)です。
 ファイル 98-7.jpg



 次回を読む 前回を読む 最初から読む 作業一覧に戻る

 

今回の作業

 今回の作業は SWINGボタンA/Cボタン に置き換える作業です。
 ファイル 98-1.jpg ファイル 98-8.jpg
 (左:EMV付きエアコンECU[SWING付]  右:EMV無しエアコンECU[SWING付])
 
 まず前提として、今までは EMV付きのエアコンECU を使用していました。
 これにはSWING機能があったため SWINGボタン がついています。
 また、今回手に入れた EMV無しのエアコンECU にもSWING機能が付いています。

 そして今回の目的は、この2つのECUをニコイチすることです。

 よってそのままだと SWINGボタン が2つになってしまいあまり意味がないです。
 なのでEMV付きECU側の SWINGボタン枠 を利用して A/Cボタン を付けたいと思います。

 

作業内容

 以下に作業内容を記載します。

 1.ボタンの検討
   EMV付きエアコンECUのSWINGボタンを取り外してみましたが、A/Cボタンとはサイズが違いました。
   そのまま取り替えるのはムリそうです。
   ファイル 98-1.jpg

 
 2.SWINGボタン表面のカット
   とりあえずSWINGボタンの表面をカットしてみます。
   ここにA/Cボタンの表面を貼り付けられないかなーと。あんまり深く考えていません。
   ファイル 98-2.jpg ファイル 98-3.jpg

 
 3.A/Cボタン表面の貼り付け
   A/Cボタン表面もカットして、SWINGボタンに貼り付けて見ました。
   後先はあまり考えていませんが、どうにかなりそうな気がしてきました。
   ファイル 98-4.jpg

 
 4.カット面のパテ埋め
   貼り付けた部分をプラスチックパテで埋めてみました。
   で、乾いたらヤスリで削ってバフがけします。
   ファイル 98-5.jpg ファイル 98-6.jpg

 
 5.完成
   いきなりですが、つや消しブラックスプレーで塗装して完成です。
   なんか微妙にいびつな。。あまり満足していません。。
   ファイル 98-7.jpg

  まあなんとなくコツはつかんだので、あとでもう一度作り直せばいっかなーなんて。
  とりあえず今日はここまで。

 

次回の作業

 次回はエアコン操作パネルの化粧枠作成を行います。
 次回を読む 前回を読む 最初から読む 作業一覧に戻る

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」