Apple TV 2/3Gを車載する(8) | てすとぺーじ v0.0.8

AppleTV 2/3Gを車載するための記事(8)です。
今回は無線LANルータを導入し、WiMAX無しでもAirPlayができるようにします。

 

今回の作業について

前回の作業 でApple TVの車載はほぼ完了したのですが、 無線LANルータを導入することでWiMAX無しでもApple TVが使えるようにしようと思います。 iPod touch/iPhone内のコンテンツをAirPlayする用途だと、WiMAXを使うのが面倒な場合もあるからです。

 

尚、今回導入する予定のルータは以下です(かなり小さい)。

PLANEX MZK-MF300N3 (AMAZON限定)

 

それとルータの電源(5V)も必要になるので、AmazonでUSBカーチャージャーも買いました。こいつを分解して使います。そのほうが安いし、自分で作るのも面倒だったので。。。

Amazonベーシック USBカーチャージャー 2.1アンペア (タイプAメス 2ポート)

 

 

作業内容

以下に作業内容を記載します。

 

1.カーチャージャーの分解成

まずはカーチャージャーを分解します。カーチャージャーはネジを回すだけの簡単仕様でした。 カーチャージャーの無負荷時の電流を測定したところ 2.37mAでした。安い割にはなかなか良いかんじの低消費設計です。
 

 

 

2.USB端子取り外し

カーチャージャーからUSB端子を外します。ただの電圧変換基盤として使うだけだからです。 USB端子は半田吸い取り線を使って2つとも取り外してしまいます。
 

 

 

3.ルータ電源端子取り付け

ルータの電源にカーチャージャーの出力を接続します。 といっても電源ラインをぶった切って直接カーチャージャー基盤に半田付けしただけです。 尚、ルータの電源ラインはセンタープラス仕様のようです(写真参照)。

 

 

4.消費電流測定

ルータとカーチャージャーの電流を測ったところ、合計 124mA でした。 無通信時は40mAくらいまで下がっていました。まぁデジタルマルチメータで見てるだけなので、正確な値ではないです。

 

 

5.USB電源取り出し

カーチャージャーの出力にはまだまだ余裕があるので、 WiMAXの充電端子(マイクロUSB)も出すことにしました。 といってもあまったマイクロUSBケーブルをぶった切ってカーチャージャーの出力部分に半田付けしただけです。
 

 

 

6.車両取り付け

電源(カーチャージャー)を車両に取り付けます。これでWiMAX無しでも AirPlayなどができるようになりました。 尚、電源の取り出し元は 「ドライブレコーダの取り付け」 を参照ください。
 

 

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

次回の作業

次回はTVリモコンでApple TVを操作できるようにしたいと思います。

 

前回を読む 次回を読む 作業一覧に戻る

 

 

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿する場合は以下に注意してください。

・記事に関係する内容であること
・特別な理由がない限り「全体公開」であること

これさえ守っていただければどんな内容でも投稿可能です。
皆様の質問やコメントは他の方の問題解決に繋がりますのでご協力ください。

コメント投稿フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限

コメントを投稿するには、以下の問題に答えてください。
問題:「LEDの和名を漢字二文字+カタカナ五文字で入力してください」